English Site

公益社団法人 日本空気清浄協会|JACA

JACA (Japan Air Cleaning Association)

シンポジウム:再生医療におけるバイオクリーンについて

1.趣旨

再生医療市場は、2014年再生医療関連法が施行されて以来、市場は活発化しています。今後は、iPS細胞由来の再生医療等製品が製品化され2030年に掛けて市場は急速に拡大すると見られております。
今回は、再生医療市場に実際に参入し取り組んでいるメーカの方に講師をお願いし、再生医療全般から施設例、最新の装置やシステム、更には海外の再生医療の状況について幅広く講演を頂きます。
つきましては、会員諸氏のみならず多くの方にご参加賜り、日頃の業務のご参考にして頂きたく、多数のご参加を宜しくお願い申し上げます。

2020年1月
公益社団法人日本空気清浄協会
会  長 藤井修二
事業委員 高澤優志
     長島雅明

2.日時

2020年2月17日(月)
受付:13時より 開講:13時30分

3.場所

連合会館 201会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
16,500円
(内消費税1,500円)
22,000円
(内消費税2,000円)

一名につき テキスト代を含む。
*2月10日までにお振り込みください。 

6.定員

60名

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「再生医療シンポジウム申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、シンポジウム開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

講師:高澤優志(㈱日立産機システム) 時間:13:30~14:20
【講演題目】 再生医療用キャビネットについて
1. 無菌操作区域の作業条件
2. 再生医療用キャビネットのご紹介
【内容】
再生医療分野における無菌操作区域では外因性汚染源の侵入防止・異なる被験者由来の細胞同士のクロスコンタミネーションの防止、作業空間の無菌性の維持・管理が必要とされている。今回は上記条件と使い勝手に配慮した日立産機システム製の再生医療用キャビネットをご紹介する。
講師:水野 満(国立大学法人 東京医科歯科大学) 時間:14:20~15:10
【講演題目】 アカデミアにおける細胞加工施設運営の実例と課題
1. 本学における運用の実例
2. 本学における環境モニタリングとその改良
3. 本学で経験した不具合事例
【内容】
本学では、特異的免疫細胞療法、軟骨・半月板再生医療を展開しており、様々なPhaseの再生医療を提供する場として経験を重ねてきた。旧施設での12年間、新施設での4年間を経て、本学では施設における多種多様な事例、不具合に遭遇しており、本発表ではその経験を概説する。
休 憩 10 分
講師:杉浦彰彦(㈱イカリステリファーム) 時間:15:20~16:10
【講演題目】 再生医療分野での滅菌について(仮題)
【内容】
詳細後報
講師:平峯 靖(㈱iPSポータル) 時間:16:10~17:00
【講演題目】 iPS細胞由来再生医療等製品の開発と次世代ラボプロジェクトの紹介
1. iPS細胞由来再生医療等製品の開発について
2. 次世代ラボプロジェクトについて
【内容】
ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)は再生医療等製品の材料および創薬ツールとしての応用が進められています。iPS細胞由来再生医療等製品の開発には従来の低分子医薬やバイオ医薬とは異なる観点が必要であるため、その進め方および課題について概説します。更に当社の取り組みとして、iPS細胞を始めとする細胞実験の信頼性向上を目的とした「次世代ラボプロジェクト」をご紹介します。

 

このシンポジウムは、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。