English Site

公益社団法人 日本空気清浄協会|JACA

JACA (Japan Air Cleaning Association)

クリーンテクノロジー初級講座:いま知っておきたい快適・安全な室内空気環境の心得

1.趣旨

日本空気清浄協会は新制度における公益社団法人として認定されました。当協会が行う公益目的事業の一つとしてクリーンテクノロジー講座があり、空気清浄に関する実務経験の浅い方々を対象とした初級講座「いま知っておきたい快適・安全な室内空気環境の心得」を会員、非会員を対象に開催いたします。
近年、住まいや職場での空気環境は従来に増して快適さにプラスして安全・安心な質を求められる状況になっています。
空気の吸入は人が生きていく上で必要不可欠な行動ですが、空気は自然に供給されるので、その品質に関しては安全なものとして何も考えないことが散見されます。しかし実際の空気中には多種多様な浮遊物質が存在しており、それらが人に対して有害に働く場合があります。例えば空気感染のインフルエンザウイルスや建物の建材から発するアウトガス(VOC)によるシックハウス症状、更に東日本大震災に由来する放射性物質など快適・安全を阻害する各種の要因が挙げられます。
今回はまず空気の一般的性質から始まって、空気中に存在するガス分子、浮遊微生物、放射性物質など有害物質に関する挙動やこれらの濃度を低減させる換気、室内臭気の原因調査と対策、フィルター、空調ダクトの洗浄など基礎的な事項から現場での制御技術、更には最新の動向までを関連分野の6名の講師によって本分野で経験の浅い方々を対象に判り易く紹介していただきます。
つきましては、会員諸氏のみならず多くの方にご参加を賜り、日頃の業務のご参考にしていただきたく、多数のご参加をお待ちしております。

平成28年6月
公益社団法人日本空気清浄協会
会      長 山﨑省二
事業委員 香川雅彦
     中岡将士

2.日時

平成28年9月12日(月)
受付:9時30分より 開講:10時

3.場所

連合会館 402会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
 16,200円
(内消費税1,200円)
21,600円
(内消費税1,600円) 

一名につき テキスト代を含む。
*9月5日までにお振り込みください。

6.定員

70名

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「初級講座申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、講座開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく無断欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

挨拶 時間:10:00~10:05
講師:石津嘉昭(元 広島国際大学) 時間:10:05~11:10
【講演題目】 空気の性質、室内空気環境と健康被害
1. 空気の生いたちと役割
2. 室内空気質
3. シックハウス症候群
4. 望ましい室内空気環境
5. 換気による室内空気の清浄化
【内容】
 快適・安全な空気環境を作り出すのに際して、基本となる空気に関する一般的性質をはじめに述べる。次に建築物衛生法の基準をクリアする室内空気質とその測定法を紹介する。また、近年社会問題にまでなったシックハウス症候群について、その症状や発生した原因を説明し、それを防ぐには建材や塗装などの材料の選択や換気が重要であることを解説する。
講師:松木秀明(東海大学) 時間:11:10~12:05
【講演題目】 空気中浮遊微生物の挙動と健康影響
1. 感染症の成り立ちと空気感染
2. 核・インフルエンザの疫学
3. 気感染症の予防
4. 気中浮遊微生物の環境基準と低減対策
【内容】
 病原体(微生物)が人の体内に侵入して増殖するのを感染という。感染経路のなかで空気中の微粒子や飛沫核に微生物が付着して感染するものが空気感染である。空気感染による主な疾病であるインフルエンザ、結核などについて、空気中浮遊微生物の挙動と健康に及ぼす影響及びその具体的な対策について報告する。
昼 食 休 憩
講師:下 道国(藤田保健衛生大学) 時間:13:00~13:55
【講演題目】 室内の快適性にかかわる空気中放射性物質
1. 空気中に存在する放射性物質
2. 放射線の基本的な特性
3. 放射線の健康影響
4. トピックス
【内容】
 空気中には微量の天然の放射性物質が浮遊しているが、なぜ存在しているのかについて解説する。次いで、放射線種類、エネルギー、半減期などの基礎的で重要な項目について解説し、ヒトへの影響のメカニズムと、どの程度の量ならばどのような影響があるのかを解説し、最近の幾つかのトピックスについて紹介する。
講師:村上栄造(㈱朝日工業社) 時間:13:55~14:45
【講演題目】 室内臭気の原因調査と対策
1. においの特性と臭気規準
2. 臭気環境の調査方法
3. 既存脱臭技術の原理と特徴
4.臭気対策の計画と効果予測
【内容】
 室内環境では、様々な臭気物質が存在し居住者や作業者に不快感を与えることがある。対策としては、一般に①臭気環境調査、②臭気発生原因の究明、③臭気発生の抑制、④臭気物質の除去という手順で進められる。本講座では、この一連作業をスムーズに進めるために特に重要と思われる事項を解説する。
休 憩 10 分
講師:今野貴博(日本エアフィルター㈱) 時間:14:55~15:50
【講演題目】 フィルタの構造と性能、最新フィルタの動向
1. エアフィルタの分類方法
2. エアフィルタの構造と基本性能
3. 使用上の注意事項
4. エアフィルタの性能評価方法
5. 最近のエアフィルタについて
【内容】
 空調に利用する各種フィルタを分類し、それぞれの構造及び基本性能を説明する。それぞれの特徴を把握し的確な使用法や特性の評価、計測法をJISを引用しながら解説する。
更に最近のフィルタも紹介する。 
講師:大廻和彦(日本ウイントン㈱)  時間:15:50~16:45
【講演題目】 空調システムの汚染の実態と清浄化対策
1. 空調システムの汚染の実態と室内環境への影響
2. 空調システム内部汚染の診断方法
3. 空調システムの清掃方法
4. 最近の動向と今後の課題
【内容】 
 人は一日の多くの時間を気密性の高い建築物内で過ごしており、人が安全・安心な生活を営むためには室内空気質も影響を及ぼす。建築物内の人工的環境下では、人は空調システムから供給される空気を吸入しており、空気の清浄化は快適に生活していく上で必要不可欠なものである。その空気の供給源である空調システム内部の汚染の実態と影響及び清浄化対策について報告する。

 

この講座は、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。

第302回クリーンテクノロジー研究会 「水素ステーションのリスク評価と社会実装」

1.日時

平成28年7月6日(水) 14時30分より16時

2.場 所

連合会館 502会議室
千代田区神田駿河台3-2-11
TEL:03-3253-1771
交通:地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅下車 B3出口(徒歩0分)
URL:http://rengokaikan.jp/

3.テーマ

水素ステーションのリスク評価と社会実装
〜水素エネルギー利用のための課題とソリューション〜

4.講 師

三宅淳巳 氏(横浜国立大学)

5.内 容

化石燃料の枯渇や原子力エネルギーの動向が不明確な中、増加するエネルギー需要と気候変動問題に対応するための一つの解決策として水素エネルギーへの期待が高まり、技術開発とともに社会実装が進みつつある。社会実装を進めるためには安全安心の確保が最重要であり、本講演では、リスクの分析と評価に基づいて検討してきた最適設計、建設、運用の状況について紹介する。

6.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申し込み戴きました後、ご請求書をお送りしますので、1週間前(6月29日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控もしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、出席回答の後無断欠席の場合は参加費を頂きます。(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡ください。)

7.定 員

30名

8.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「302回クリーンテクノロジー研究会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

9.

入金を確認しましたら、希望者には講演資料(pdf版)をメールに添付してお送りしますので、カラーの資料が必要な方はプリントして持参してください(当日会場ではモノクロの資料を配布します。なお、一部お送り出来ない資料もございます)。資料ご希望の方は、お申込の際その旨お書き添えください。

ICCCS国際シンポジウム2016・TC209国際会議研修ツアー 参加者募集

2016年9月にブラジル・サンパウロにて開催されますICCCS国際シンポジウム及びISO/TC209国際会議への研修ツアーを企画致しました。現在、参加者を募集しております。詳細につきましては以下をご参照ください。

・ICCCS国際シンポジウム2016・TC209国際会議研修ツアー 案内(PDFファイル)
・ICCCS国際シンポジウム2016・TC209国際会議研修ツアー 申込書(Excelファイル)

医薬品・化粧品・食品製造工場における防虫/異物混入対策の基礎講座~IPM(昆虫類管理)プログラムの基礎~

1.趣旨

医薬品・化粧品・食品製造工場において、昆虫の管理に関して『これまでのやり方で本当に大丈夫なのか?』と、再構築を考えられている方も多いと思います。そのためには、まず昆虫管理の基本を押さえること、そして自社が主体となって運営する自主管理へ進めていくこと、これらが重要な鍵になると考えます。レスケミカルを進め、IPMプログラムを構築していく上でも、昆虫の基礎知識は欠かせません。今回は、医薬品・化粧品・食品製造工場における防虫/異物混入対策の基礎を幅広い分野から講演頂きます。
つきましては、会員諸氏のみならず多くの方にご参加賜り、日頃の業務のご参考にして頂きたく、多数のご参加を宜しくお願い申し上げます。

平成28年5月
公益社団法人日本空気清浄協会
会      長 山﨑省二
事業委員 上野幸太
     菅田大助

2.日時

平成28年7月11日(月)
受付:10時より 開講:10時30分

3.場所

連合会館 402会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
 27,000円
(内消費税2,000円)
37,800円
(内消費税2,800円) 

一名につき テキスト代を含む。
*7月4日までにお振り込みください。

6.定員

70名

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「基礎講座申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、講座開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく無断欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

講師:鈴庄則之(国際衛生㈱) 時間:10:30~11:45
【講演題目】 製造工場(主に食品工場)における防虫/異物混入対策(IPM・総合的有害生物管理)について
1. IPMとは
2. ハザード分析とリスク管理
3. 昆虫類管理
4. 昆虫混入事故の実態と対策
5. 食品安全認証について
【内容】
 製造工場における防虫/異物混入事故が問題となりリスク管理が要求されています。食品分野でも世界的な関心となり、食品安全マネージメントシステムGFSIの取組がされています。IPMの現状について有害昆虫の実態と対策を事業管理と言う立場から説明します。
昼 食 休 憩
講師:深澤 宏(㈱アルビオン) 時間:13:00~14:15
【講演題目】 化粧品工場における防虫/異物混入対策
~施設の設計から運用管理~
はじめに
1. 化粧品製造工場の特徴と課題
2. 化粧品製造工場の設計基準
3. アルビオン熊谷工場の設計
4. 運用管理
5.今後の課題
【内容】
 化粧品の製造管理・品質管理はISO22716「化粧品の製造管理と品質管理の指針」に基づいて行っている。
今回、防虫/異物混入対策について、化粧品製造工場の対応について、アルビオン熊谷工場の事例を説明する。
その中で、化粧品製造工場の特徴から、具体的工場設計基準、実際の運用管理、今後の課題について示す。
講師:木村悟朗(イカリ消毒㈱) 時間:14:15~15:30
【講演題目】 工場内で発生する昆虫とその防除
1. LED照明に誘引される昆虫類
2. ヒラタチャタテの分散能力
3. 貯穀害虫の屋外での発生と侵入の可能性
【内容】
 近年、IPM(総合的有害生物管理)の概念に基づく防除が広く普及している。有害生物の防除においては、建築物において考えられる有効・適切な技術を組み合わせて利用することが求められており、これを遂行するためには防除対象となる有害生物の生態的知見が不可欠である。本報告は、我々の最近の研究で得られたいくつかの知見について報告する。
休 憩 15 分
講師:宮ノ下明大(国立研究開発法人 農研機構) 時間:15:45~17:00
【講演題目】 食品製品への昆虫侵入/その生態と侵入防止対策
1. 食品に混入する昆虫類(貯穀害虫を中心に)
2. 加工食品へのノシメマダラメイガの侵入経路と防止法
3. 昆虫忌避剤の利用
4. 混入した昆虫の健康被害
【内容】
 食品製品に侵入頻度の高い主要な食品害虫を紹介し、具体的な製品への昆虫(ノシメマダラメイガ幼虫)の侵入経路とその防止法について、食品包装と容器の構造の視点から解説する。また害虫忌避剤を用いた侵入防止について、その効果と問題点を述べる。最後に、混入した昆虫類を誤食した場合の健康被害について説明する。

 

この講座は、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。

【受付終了】沢井製薬関東工場 見学会

★本見学会は参加申込が定員に達したため、受付を締め切らせていただきました★

1.趣旨

この度、沢井製薬関東工場様のご厚意により同施設を見学させていただく機会を得ました。沢井製薬は国内最大級のジェネリック医薬品メーカーであり、同工場では固形製剤を中心に生産を行っています。
また、環境負荷に配慮しLED照明を多数採用するとともに、夜間は工場前面の芝生と拡幅された通勤通学路を明るく照らすことで地域の安全性に配慮しています。さらに、外壁による圧迫感を避け桜並木や薬木の森を設ける等、地域との共存を重視しています。これらが認められ、関東工場は昨年医薬品工場として初めて「千葉県建築文化賞」を受賞しました。
今回、製剤プロセスや工場設備等の見学を通して空気清浄協会会員の皆様には有意義な知見が得られるものと思われます。奮ってご参加ください。

2.施設の概要

沢井製薬株式会社 関東工場
所在地:〒297-0017 千葉県茂原市東郷1900-1
電 話:0475-23-3261
*案内図はこちらをご参照ください。

3.日時

平成28年7月19日(火)14時~16時

4.集合場所

現地集合。後日、参加者にご案内します。

5.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申込書により請求書を発行致しますので、1週間前(7月12日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控えもしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、参加申込の後に無断欠席された場合は参加費を戴きます。
(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡をお願い致します。)

6.参加資格

正会員に限る。

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「沢井製薬関東工場見学会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

8.人数

定員20名(先着順)で締切らせて戴きます。

9.その他

・写真撮影可否は見学先の都合とさせて戴きます。

12