English Site

公益社団法人 日本空気清浄協会|JACA

JACA (Japan Air Cleaning Association)

第373回クリーンテクノロジー研究会「第40回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会会長賞、会長奨励賞受賞論文」

1.日 時

2024年3月6日(水)14時30分より16時まで

2.開催方法

Web(Zoom)での配信となります。ZoomのURL等詳細につきましては、参加者の皆様に追ってご連絡させていただきます。

3.テーマ

第40回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会会長賞、会長奨励賞受賞論文

4.講演論文ならびに講演者

1.「強力空中超音波によるPM2.5の凝集」
      桑山健太氏((株)山本工作所)
2.「PFAS不使用ろ材の開発」
      佐藤 正氏(北越コーポレーション(株))
3.「模擬飛沫発生装置を用いた室内空間での飛沫および飛沫核の挙動解析」
      並木則和教授(工学院大学)

5.内 容

2023年4月に開催された第40回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会において発表され、大会会長賞、会長奨励賞を受賞されました上記論文についてその後の成果も交えつつ、ご発表時よりは詳しく解説頂きます。

6.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申し込み戴きました後、ご請求書をお送りしますので、1週間前(2月28日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控もしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、出席回答の後無断欠席の場合は参加費を頂きます。

7.定 員

無し

8.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)、メール(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「373回クリーンテクノロジー研究会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

【開催終了】シンポジウム:医薬品GMPの基礎と医薬製造施設の計画・設計

1.趣旨

使用者の健康や生命へ直接に影響を及ぼす医薬品は製造段階から守るべき基準や要件も法令によって定められています。
今回のシンポジウムでは、GMPの基礎知識、何をベースに設計・計画するのか、またどういった管理が必要なのかを3名の講師をお招きし、医薬品GMPの基礎と医薬品製造施設の計画・設計について紹介して頂きます。
つきましては、会員諸氏のみならず多くの方にご参加賜り、日頃の業務のご参考にして頂きたく、多数のご参加を宜しくお願い申し上げます。

2024年1月
公益社団法人日本空気清浄協会
会  長 藤井修二
事業委員 高澤優志
     谷口一歩

2.日時

2024年2月14日(水)
受付:12時30分より 開講:13時

3.場所

連合会館 502会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。
※WEB(ZOOM)での受講も可能です。
※会場で受講される場合は、極力マスクの着用をお願い致します。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
17,600円
(内消費税1,600円)
22,000円
(内消費税2,000円)

一名につき テキスト代を含む。
*2月7日までにお振り込みください。

6.定員

30名(会場)

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。その際、「その他連絡事項」欄にご希望の受講方法(会場、WEB(ZOOM))を明記ください。

E-mail
「医薬品GMPシンポジウム申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)、希望受講方法(会場、WEB(ZOOM))を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。その際、「その他連絡事項」欄にご希望の受講方法(会場、WEB(ZOOM))を明記ください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、シンポジウム開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

講師:越谷清一(特定非営利活動法人医薬品・食品品質保証支援センター) 時間:13:00~14:00
【講演題目】 医薬品GMPの基礎知識(GMP省令第9条構造設備を中心に)
1. 医薬品の特殊性とGMPの必要性(医薬品品質国際調和を背景に)
2. 改正GMP省令第9条と薬局等構造設備規制の要件
3. バリデーションにおけるGMPハード(構造設備等)の位置付け
【内容】
医薬品GMPに関して、今望まれている製造施設の空気清浄化、空調システム、汚染防止、交叉汚染防止の対応に関して改正GMP省令第9条、薬局等構造設備規制の要件を中心に解説します。また医薬品の品質を保証するバリデーションの概念とGMPハードと言われる構造設備等の位置付けについて解説します。
講師:今口信弘(日立グローバルライフソリューションズ(株)) 時間:14:00~15:00
【講演題目】 医薬品製造施設の空調システム計画の概要
1. 空調システムの役割・ガイドライン
2. 設計の留意点やポイント
3. 環境モニタリング、維持管理・メンテナンス
【内容】
医薬品製造施設の計画の進め方。空調システム設計・施工する際の留意点・注意事項に関して事例をもとに解説します。またモニタリングや維持管理の考え方について説明します。設計・施工を行われている方や施設を運営されている方が、今後の活動で少しでも役立てて頂くことを目的とします。
休 憩 10 分
講師:大竹康太((株)日立製作所) 時間:15:10~16:10
【講演題目】 製薬工場におけるIT活用―医薬品製造管理システムHITPHAMSの紹介―
1. 規制動向とHITPHAMSの歩み
2. HITPHAMSのご紹介
3. IT導入による期待効果
4. 製薬工場の工場DX取り組み
【内容】
製薬業界における規制動向とそれに対応した弊社医薬品製造管理システムHITPHAMSの特長と機能のご紹介。また、最新の製薬工場様のDXの取り組みやその進め方をご紹介いたします。

 

このシンポジウムは、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。

【申込受付終了】高砂熱学イノベーションセンター 見学会

★本見学会は定員に達しましたため、参加申込の受付を終了致しました★

1.趣 旨

この度、高砂熱学工業株式会社様のご厚意により同社高砂熱学イノベーションセンターの施設を見学させていただく機会を得ました。同センターは「地球環境負荷低減と知的生産性向上を両立したサスティナブル建築」を設計コンセプトとする研究施設です。第61回空気調和・衛生工学会技術賞(建築設備部門)や米国暖房冷凍空調学会(ASHRAE)の環境建築技術賞でアジア地域最優秀賞など多数の受賞をしています。
本見学会を通して空気清浄協会会員の皆様には有意義な知見が得られるものと思われます。奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

2.施設の概要

名 称:高砂熱学イノベーションセンター
所在地:〒300-2417 茨城県つくばみらい市富士見ヶ丘2-19
電 話:0297-55-1337(代表)

3.日 時

2024年3月13日(水) 13時30分~15時30分

4.集合場所

つくばエクスプレス「みらい平」駅改札出口付近。詳細は後日、参加者にご案内します。

5.参加費

4,400円 (1名につき 入館料・消費税込)
申込書により請求書を発行致しますので、3月6日までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控えもしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、参加申込の後に無断欠席された場合は参加費を戴きます。
(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡をお願い致します。)

6.参加資格

正会員に限る。

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)、メール(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「高砂熱学イノベーションセンター見学会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

8.申込締切

2024年2月13日(火)

9.人 数

定員20名(先着順)で締切らせて戴きます。

10.その他

写真撮影はご遠慮ください。

【申込受付終了】第41回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会 論文募集

第41回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会の論文を下記により募集いたします。本大会は、研究成果の発表の場であると同時に、情報交換、交流の場でもあります。多数の方々のご発表をお願い申し上げます。

研究大会概要

1.主 催

公益社団法人 日本空気清浄協会

2.日 時

2024年4月16日(火)、17日(水)9時~17時

3.場 所

早稲田大学国際会議場
(東京都新宿区西早稲田1-20-14)

4.参加費(税込)

発表者 4,000円(正会員、準会員、特別会員)
〃  12,000円(非会員*注1
〃  無料(学生)
発表者以外 16,000円(正会員、準会員、論文連名者、共催・特別協賛・協賛団体の会員*注2
〃  5,000円(特別会員、座長)
〃  25,000円(非会員*注1
〃  3,000円(学生。ただし、3月22日(金)までに申し込みの場合は無料とする)
注1)追加費用なしで、準会員に入会できます。ご希望の方は、参加費入金に併せて入会申込用紙を提出してください。なお、準会員に入会されますと、機関誌を1年間送付致します。(但し、機関誌送付は日本国内のみ)
注2)参加申し込みの際、所属団体を明記してください。なお、非会員としてお申し込み後に協賛団体等の会員であると申し出られても、差額の返金は出来かねます。

5.懇親会

日 時:2024年4月16日(火)(第1日目発表終了後)
場 所:大隈ガーデンハウス
参加費:5,000円(税込)
*特別会員・座長・発表者(連名者除く)は無料です。

6.その他

参加申込は、2024年2月頃より受け付ける予定です。

7.問合せ

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

論文発表申込方法

1.発表資格

特になし。

2.発表申込期限

2023年12月26日(火)【期限厳守】

3.申込方法

*E-mail、FAX又は郵便でのお申込み

>> こちらに必要事項をご記入の上、E-mail、FAX又は郵便にてお送り下さい。(申込書はExcelファイルです。ファイルをダウンロードするとzip形式で保存されてしまう場合は、ファイルの拡張子を「zip」から「xlsx」に変更してください。)

*インターネットでのお申込み

>> こちらからエントリーしてください。

お申込みの際は、下記内容を必ずご確認ください。
・題名は日本語・英語併記すること
・発表分野、対象、及び分類を記入すること

4.申込先

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

5.論文の分類

申込書所定欄に、発表分野・対象・分類の番号を必ず記入して下さい。複数選択の場合は、主たる分野・対象・分類を○で囲い、判別できるようにして下さい。

(1)発表分野

A 電子・機械・素材製造など
B 医療・製薬・食品など
C 一般室内環境
(事務所・住宅・学校・美術館など)
D 大気環境
E 新型コロナウイルス対策関連
F その他

(2)対象

a 気流
b 粒子(微粒子・ナノ粒子)
c 微生物
d ガス・VOC・分子
e 静電気
f 液体(水・薬品)
g その他

(3)分類

1 汚染評価
2 環境保全
3 解析/制御
4 測定法・分析技術と装置
5 清浄化技術・装置
6 省エネルギー
7 その他

6.論文の採否

委員会において採否を決定し、論文発表申込者に通知します。なお、セッション分け及び発表順序については、委員会に一任となります。

7.論文作成方法

A4サイズにて2~4頁で作成し、PDFまたはWordファイルで入稿して下さい。言語は、日本語または英語のみです。なお、図表については英語表記のみとします。

8.フルペーパー期限

2024年2月9日(金)【期限厳守】

9.発表方法

パソコン接続によるプロジェクタのみです。パソコンは発表者が持参して下さい。発表言語は日本語または英語とします。発表資料は、パワーポイントまたはそれに準ずるソフトを使って作成して下さい。なお、会場のプロジェクタはD-SUB又はHDMI端子で接続可能です。その他の端子の場合は変換コネクタをご準備願います。

10.注意事項

(1)論文内容が商業宣伝に偏したものは、原則不採用と致します。また、題名や文中に商品名などが記載されている場合、当該箇所の修正を要請します。
(2)発表会場内の撮影・録音・録画は、原則禁止です。上記行為が確認された場合、会場から退席いただきます。自らの発表を撮影したい場合は、大会当日に受付で事前承認を受け、撮影時は実行委員会から貸与した腕章を付けて行っていただきます。

11.研究大会会長賞・会長奨励賞・技術賞

発表論文に対して、内規により選考致します。

12.その他

・講演時間は、発表15分質疑応答5分の計20分間です。(予定)

【開催終了】Asian Symposium on Contamination Control (ASCC) 2023

Asian Symposium on Contamination Control (ASCC)

1) Call for papers

*We have stopped accepting applications for paper presentation.
*The program (tentative) has been uploaded (See here).

2) Application for Participation

3) others

*Payment by Credit Card
*About Technical Tour
(We have stopped accepting applications for both of the technical tours, each of which visits Shimizu Corporation Hokuriku Branch and Cambridge Filter Corporation Kanazawa Factory because they have reached capacity.)

 

JNTOバナー

Sponsors of logo advertising

日本シーアイシー協会 メルク株式会社
日本エアーテック株式会社 日本無機株式会社
株式会社朝日工業社 東京ダイレック株式会社
ニッタ株式会社 ケンブリッジフィルターコーポレーション株式会社
日本バイリーン株式会社 東洋熱工業株式会社