English Site

公益社団法人 日本空気清浄協会|JACA

JACA (Japan Air Cleaning Association)

第35回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会 論文募集

第35回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会の論文を下記により募集いたします。本大会は、研究成果の発表の場であると同時に、情報交換、交流の場でもあります。多数の方々のご発表をお願い申し上げます。

研究大会概要

1.主 催

公益社団法人 日本空気清浄協会

2.日 時

平成30年4月24日(火)、25日(水)9時~17時

3.場 所

早稲田大学国際会議場
(東京都新宿区西早稲田1-20-14)

4.参加費(税込)

発表者 5,000円(正会員、準会員、特別会員)
〃  13,000円(非会員*注1
〃  無料(学生)
発表者以外 16,000円(正会員、準会員、論文連名者、共催・特別協賛・協賛団体の会員*注2
〃  10,000円(特別会員、座長)
〃  25,000円(非会員*注1
〃  無料(学生。ただし、3月23日までに申し込んだ場合。3月24日以降の申し込みは、予稿集代として2,000円いただきます。)
予稿集のみ 7,000円
注1)追加費用なしで、準会員に入会できます。ご希望の方は、参加費入金に併せて入会申込用紙を提出してください。なお、準会員に入会されますと、機関誌を1年間送付致します。(但し、機関誌送付は日本国内のみ)
注2)参加申し込みの際、所属団体を明記してください。なお、非会員としてお申し込み後に協賛団体等の会員であると申し出られても、差額の返金は出来かねます。

5.懇親会

日 時:平成30年4月24日(火)(第1日目発表終了後)
場 所:大隈ガーデンハウス
参加費:4,000円(税込)
*特別会員・座長・発表者(連名者除く)は無料です。大勢のご参加をお待ちしております。

6.その他

参加申込は、平成30年2月頃より受付ける予定です。

7.問合せ

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

論文発表申込方法

1.発表資格

特になし。

2.発表申込期限

平成29年12月1日(金)(期限厳守)

3.申込方法

*E-mail、FAX又は郵便でのお申込み
>> こちらに必要事項をご記入の上、E-mail、FAX又は郵便にてお送り下さい。(申込書はExcelファイルです。ファイルをダウンロードするとzip形式で保存されてしまう場合は、ファイルの拡張子を「zip」から「xlsx」に変更してください。)

*インターネットでのお申込み

>> こちらからエントリーしてください。

お申込みの際は、下記内容を必ずご確認ください。
・題名は日本語・英語併記すること
・日本語200字以内、または英語50語以内の発表要旨を添付すること
・発表分野、対象、及び分類を記入すること

4.申込先

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

5.論文の分類

申込書所定欄に、発表分野・対象・分類の番号を必ず記入して下さい。複数選択の場合は、主たる分野・対象・分類を○で囲い、判別できるようにして下さい。

(1)発表分野

A 電子・機械・素材製造など
B 医療・製薬・食品など
C 一般室内環境
(事務所・住宅・学校・美術館など)
D 大気環境
E その他

(2)対象

a 気流
b 粒子(微粒子・ナノ粒子)
c 微生物
d ガス・VOC・分子
e 静電気
f 液体(水・薬品)
g その他

(3)分類

1 汚染評価
2 環境保全
3 解析/制御
4 測定法・分析技術と装置
5 清浄化技術・装置
6 省エネルギー
7 その他

6.論文の採否

プログラム委員会において採否を決定し、論文発表申込者に通知します。なお、セッション分け及び発表順序については、プログラム委員会に一任となります。

7.論文作成方法

A4サイズにて2~4頁で作成し、PDFまたはWordファイルで入稿して下さい。言語は、日本語または英語のみです。なお、図表については英語表記のみとします。

8.フルペーパー期限

平成30年2月28日(水)(期限厳守)

9.発表方法

パソコン接続によるプロジェクタのみです。パソコンは発表者が持参して下さい。発表言語は日本語または英語とします。発表資料は、パワーポイントまたはそれに準ずるソフトを使って作成して下さい。なお、会場のプロジェクタはD-SUB端子しかありませんので、HDMI端子の場合は変換コネクタをご準備願います。

10.注意事項

(1)論文内容が商業宣伝に偏したものは、原則不採用と致します。また、題名に商品名などが記載されている場合、当該箇所の修正を要請します。
(2)発表会場内での撮影・録音・録画は、原則禁止です。上記行為が確認された場合、会場から退席いただきます。自らの発表を撮影したい場合は、大会当日に受付で事前承認を受け、撮影時は実行委員会から貸与した腕章を付けて行っていただきます。

11.研究大会会長賞・会長奨励賞・技術賞

発表論文に対して、内規により選考致します。

12.その他

・講演時間は、発表15分質疑応答5分の計20分間です。(予定)

第315回クリーンテクノロジー研究会 「エアーカーテン技術を利用した防虫対策装置、保冷庫用熱遮断装置の開発」

1.日時

平成29年10月4日(水) 14時30分より16時

2.場 所

連合会館 502会議室
千代田区神田駿河台3-2-11
TEL:03-3253-1771
交通:地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅下車 B3出口(徒歩0分)
URL:http://rengokaikan.jp/

3.テーマ

エアーカーテン技術を利用した防虫対策装置、保冷庫用熱遮断装置の開発

4.講 師

山本 宏氏(日本エアーテック㈱)

5.内 容

気流を発生させてバリアを作ることで空気の出入りを制限するエアーカーテン技術を開発しており、食品・医薬品・電子工場における防虫対策、省エネ効果の向上への貢献を目指して、防虫対策装置、及び保冷庫用熱遮断装置へ応用しています。本講演では、当社のエアーカーテン技術の特徴と各製品への応用事例について紹介します。

6.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申し込み戴きました後、ご請求書をお送りしますので、1週間前(9月27日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控もしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、出席回答の後無断欠席の場合は参加費を頂きます。(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡ください。)

7.定 員

30名

8.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「315回クリーンテクノロジー研究会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

9.

入金を確認しましたら、希望者には講演資料(pdf版)をメールに添付してお送りしますので、カラーの資料が必要な方はプリントして持参してください(当日会場ではモノクロの資料を配布します。なお、一部お送り出来ない資料もございます)。資料ご希望の方は、お申込の際その旨お書き添えください。

武蔵野クリーンセンター 見学会

1.趣旨

この度、武蔵野市様のご厚意により武蔵野クリーンセンターを見学させていただく機会を得ました。
東京近郊の住宅地域に新しくできたクリーンセンター(ゴミ処理場)です。周辺地域からの反対が多い施設であることから、多面的な配慮がなされている施設です。クリーンセンターというなかなか見ることができない施設であるとともに、以下のような特徴があります。
環境保全に配慮した安心安全な施設、災害に強い施設、景観・建築デザインへの配慮と言ったコンセプトとのもとに、ごみ発電設備だけでなく、ガスコージェネレーション設備も設置し、電気と蒸気を発生させています。クリーンセンター内で使用するほか、災害時においても、災害対策本部となる市役所、緊急物資搬送拠点となる総合体育館、地域支え合いステーションとなる緑町コミュニティセンターへ供給することができます。
本施設は『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016』先進エネルギー自治体大賞優秀賞を獲得しています。空気清浄協会会員の皆様には、ご覧いただくことによって有意義な知見が得られるものと思われます。奮ってご参加ください。

2.施設の概要

武蔵野クリーンセンター
所在地:〒180-0012 東京都武蔵野市緑町3-1-5
*案内図はこちらをご参照ください。

3.日時

平成29年10月24日(火)14時30分~16時30分

4.集合場所、時間

集合場所:武蔵野クリーンセンター2階 見学者ホール2
集合時間:14:15(解散 16:30頃)

5.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申込書により請求書を発行致しますので、1週間前(10月17日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控えもしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、参加申込の後に無断欠席された場合は参加費を戴きます。
(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡をお願い致します。)

6.参加資格

正会員に限る。

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「武蔵野クリーンセンター見学会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

8.人数

定員30名(先着順)で締切らせて戴きます。

9.その他

・写真撮影可否は見学先の都合とさせて戴きます。

第23回関西クリーンテクノロジー研究会 「自動車関連材料の総合分析」

1.日時

平成29年10月27日(金) 14時30分より16時30分

2.場 所

新大阪ブリックビル 3階  C会議室
大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
TEL:06-6397-1817
交通:JR新大阪駅下車徒歩3分
   地下鉄御堂筋線新大阪駅下車徒歩2分
URL:http://lasante-brick.jp/profile/access.html

3.テーマ

自動車関連材料の総合分析
~排ガス浄化触媒、車載用半導体、電池を中心に~

4.講 師

長澤佳克 氏(分析化学技術コンサルタント、龍谷大学)

5.内 容

省エネ、環境、安全対策等の技術が集積される21世紀の自動車には、高効率パワー半導体や二次電池を始めとする先端材料が用いられている。このような先端材料の開発においては、材料の最表面や界面の制御と把握が重要なため、原子・分子オーダの形態・組成・結晶構造の分析と解析が必要になる。本講演では、Li電池、SiC、排ガス浄化触媒等を例にして、日本の自動車産業における21世紀の分析化学の役割を紹介する。

6.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申し込み戴きました後、ご請求書をお送りしますので、1週間前(10月20日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控えもしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、出席回答の後無断欠席の場合は参加費を頂きます。(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡ください。)

7.定 員

30名

8.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「23回関西クリーンテクノロジー研究会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

9.

入金を確認しましたら、希望者には講演資料(pdf版)をメールに添付してお送りしますので、カラーの資料が必要な方はプリントして持参してください(当日会場ではモノクロの資料を配布します。なお、一部お送り出来ない資料もございます)。資料ご希望の方は、お申込の際その旨お書き添えください。