English Site

公益社団法人 日本空気清浄協会|JACA

JACA (Japan Air Cleaning Association)

第326回クリーンテクノロジー研究会 「高齢者施設におけるにおい環境の現状と課題」

1.日時

平成30年11月6日(火) 14時30分より16時

2.場 所

連合会館 502会議室
千代田区神田駿河台3-2-11
TEL:03-3253-1771
交通:地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅下車 B3出口(徒歩0分)
URL:http://rengokaikan.jp/

3.テーマ

高齢者施設におけるにおい環境の現状と課題

4.講 師

金 勲氏(国立保健医療科学院)

5.内 容

全国の特別養護老人ホームを対象にアンケート調査及び現場測定を行っている。においが問題になっている場所は居室・廊下、におい種は糞便臭と体臭である。現場ではにおいが不快と認識しているものの、環境を受け入れられるとの回答が多い。高齢者施設では発生源が最も重要で影響度が高く、現場で取っている換気や除去対策では十分に対応しきれないのが現状である。

6.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)

申し込み戴きました後、ご請求書をお送りしますので、1週間前(10月30日)までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控もしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、出席回答の後無断欠席の場合は参加費を頂きます。(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡ください。)

7.定 員

30名

8.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「326回クリーンテクノロジー研究会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

9.

入金を確認しましたら、希望者には講演資料(pdf版)をメールに添付してお送りしますので、カラーの資料が必要な方はプリントして持参してください(当日会場ではモノクロの資料を配布します。なお、一部お送り出来ない資料もございます)。資料ご希望の方は、お申込の際その旨お書き添えください。

シンポジウム:新JIS B 9920「クリーンルームの浮遊粒子数濃度による空気清浄度の分類」

1.趣旨

旧JIS B 9920「クリーンルームの空気清浄度の評価方法」の制定から16年が経過しました。今回、2015年のISO14644-1,2の改正を受け、旧JISが改正され、来年早々に、新JIS B 9920が公開される運びとなりました。今回の改正では、新規の統計的考え方に基づいて、測定点数の設定及び評価が行われるなど大幅な改正となりました。
つきましては、いち早く会員諸氏のみならず多くの方に新JISの改正内容をお知らせし、今後の業務に活用していただきたく、このシンポジウムを企画致しました。多数のご参加を宜しくお願い申し上げます。

平成30年8月
公益社団法人日本空気清浄協会
会  長 藤井修二
事業委員 上野幸太
     菅田大助

2.日時

平成30年11月13日(火)
受付:12時30分より 開講:13時

3.場所

連合会館 201会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
21,600円
(内消費税1,600円)
32,400円
(内消費税2,400円)

一名につき テキスト代を含む。
*11月6日までにお振り込みください。

6.定員

90名

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「JIS B 9920シンポジウム申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、シンポジウム開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく無断欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

講師:藤井修二(東京工業大学) 時間:13:00~13:50
【講演題目】 新JIS B 9920制定の背景とISO/TC209の最近の動向について
【内容】
クリーンルーム清浄度の評価方法の変遷と今回の制定のポイントを説明し、最近のISO/TC209の動きなどを合わせて説明する。
講師:榎原研正(国立研究開発法人 産業技術総合研究所) 時間:13:50~14:50
【講演題目】 JIS B 9920-1「浮遊粒子数濃度による空気清浄度の分類」(案)の解説(1):統計的背景と課題
1. ISO14644-1の改正と新JIS制定の解説
2. 95%/90%ルール採用の背景
3. 抜取り検査と測定点数
4. 大面積クリーンルームの標準試験方法における測定点数
5. ISO14644-1(2015)に残されている課題
【内容】
ISO14644 Part 1の2017年改正に伴って新しいJIS B 9920-1の制定が最終段階にある。ここでは15年以上の長きにわたって使用されてきた対応前規格JIS B 9920との違いを、クラス分け手順とルールおよびそれらの理論的背景の点から解説する。
休 憩 10 分
講師:鈴木良延(TAC研究所) 時間:15:00~15:50
【講演題目】 JIS B 9920-1「浮遊粒子数濃度による空気清浄度の分類」(案)の解説(2)
1. 空気清浄度分類の追加提案の背景
2. 95%UCL評価方法
3. 大空間における測定点数の緩和
4. 不適合の場合の調査について
5. 試験例
【内容】
ISO 14644-1の空気清浄度の分類に対し、追加提案を行った背景、95%UCL評価方法の特徴、大空間における測定点数の設定、及び今回導入されたクリーンゾーン等の試験例について説明する。
講師:渡辺直樹(日本エアーテック㈱) 時間:15:50~16:40
【講演題目】 JIS B 9920-2「粒子数濃度による空気清浄度に関するクリーンルーム性能を根拠付けるためのモニタリング」(案)の解説
1. モニタリングが必要な理由
2. モニタリング計画
3. 警戒レベルと行動レベルの設定
4. 測定例
【内容】
ISO 14644-2:2015版への改定に伴う、整合規格JIS規格改定の内容を解説する。クリーンルーム又はクリーンゾーンが、粒子数濃度による空気清浄度を維持し、十分に機能を発揮していることを保証するために、リスク評価、モニタリング計画の策定など必要な事項を規定している。
全体の質疑応答 時間:16:40~17:00

 

このシンポジウムは、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。

第36回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会 論文募集

第36回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会の論文を下記により募集いたします。本大会は、研究成果の発表の場であると同時に、情報交換、交流の場でもあります。多数の方々のご発表をお願い申し上げます。

研究大会概要

1.主 催

公益社団法人 日本空気清浄協会

2.日 時

平成31年4月23日(火)、24日(水)9時~17時

3.場 所

早稲田大学国際会議場
(東京都新宿区西早稲田1-20-14)

4.参加費(税込)

発表者 4,000円(正会員、準会員、特別会員)
〃  12,000円(非会員*注1
〃  無料(学生)
発表者以外 16,000円(正会員、準会員、論文連名者、共催・特別協賛・協賛団体の会員*注2
〃  5,000円(特別会員、座長)
〃  25,000円(非会員*注1
〃  無料(学生。ただし、3月22日までに申し込んだ場合。3月23日以降の申し込みは、予稿集代として2,000円いただきます。)
予稿集のみ 7,000円
注1)追加費用なしで、準会員に入会できます。ご希望の方は、参加費入金に併せて入会申込用紙を提出してください。なお、準会員に入会されますと、機関誌を1年間送付致します。(但し、機関誌送付は日本国内のみ)
注2)参加申し込みの際、所属団体を明記してください。なお、非会員としてお申し込み後に協賛団体等の会員であると申し出られても、差額の返金は出来かねます。

5.懇親会

日 時:平成31年4月23日(火)(第1日目発表終了後)
場 所:大隈ガーデンハウス
参加費:4,000円(税込)
*特別会員・座長・発表者(連名者除く)は無料です。大勢のご参加をお待ちしております。

6.その他

参加申込は、平成31年2月頃より受付ける予定です。

7.問合せ

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

論文発表申込方法

1.発表資格

特になし。

2.発表申込期限

平成30年12月3日(月)(期限厳守)

3.申込方法

*E-mail、FAX又は郵便でのお申込み
>> こちらに必要事項をご記入の上、E-mail、FAX又は郵便にてお送り下さい。(申込書はExcelファイルです。ファイルをダウンロードするとzip形式で保存されてしまう場合は、ファイルの拡張子を「zip」から「xlsx」に変更してください。)

*インターネットでのお申込み

>> こちらからエントリーしてください。

お申込みの際は、下記内容を必ずご確認ください。
・題名は日本語・英語併記すること
・日本語200字以内、または英語50語以内の発表要旨を添付すること
・発表分野、対象、及び分類を記入すること

4.申込先

公益社団法人 日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5  伊藤紅浜町ビル3F
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

5.論文の分類

申込書所定欄に、発表分野・対象・分類の番号を必ず記入して下さい。複数選択の場合は、主たる分野・対象・分類を○で囲い、判別できるようにして下さい。

(1)発表分野

A 電子・機械・素材製造など
B 医療・製薬・食品など
C 一般室内環境
(事務所・住宅・学校・美術館など)
D 大気環境
E その他

(2)対象

a 気流
b 粒子(微粒子・ナノ粒子)
c 微生物
d ガス・VOC・分子
e 静電気
f 液体(水・薬品)
g その他

(3)分類

1 汚染評価
2 環境保全
3 解析/制御
4 測定法・分析技術と装置
5 清浄化技術・装置
6 省エネルギー
7 その他

6.論文の採否

プログラム委員会において採否を決定し、論文発表申込者に通知します。なお、セッション分け及び発表順序については、プログラム委員会に一任となります。

7.論文作成方法

A4サイズにて2~4頁で作成し、PDFまたはWordファイルで入稿して下さい。言語は、日本語または英語のみです。なお、図表については英語表記のみとします。

8.フルペーパー期限

平成31年2月28日(木)(期限厳守)

9.発表方法

パソコン接続によるプロジェクタのみです。パソコンは発表者が持参して下さい。発表言語は日本語または英語とします。発表資料は、パワーポイントまたはそれに準ずるソフトを使って作成して下さい。なお、会場のプロジェクタはD-SUB端子しかありませんので、HDMI端子の場合は変換コネクタをご準備願います。

10.注意事項

(1)論文内容が商業宣伝に偏したものは、原則不採用と致します。また、題名や文中に商品名などが記載されている場合、当該箇所の修正を要請します。
(2)発表会場内の撮影・録音・録画は、原則禁止です。上記行為が確認された場合、会場から退席いただきます。自らの発表を撮影したい場合は、大会当日に受付で事前承認を受け、撮影時は実行委員会から貸与した腕章を付けて行っていただきます。

11.研究大会会長賞・会長奨励賞・技術賞

発表論文に対して、内規により選考致します。

12.その他

・講演時間は、発表15分質疑応答5分の計20分間です。(予定)

シンポジウム:JIS B 9908-1~6の制定について

1.趣旨

平成28年12月に、ISO 16890-1~4(Air filters for general ventilation Part1~6)が発行されました。
その国際規格は、Part1~4の4部で構成されており、近年問題となっているPM(粒子状物質)ベースで一般空調用エアフィルタを評価するものであります。
そこで、本協会は、JIS B 9908に反映すべくJIS原案作成委員会を組織して原案を作成しました。国際規格の4部に加え、国内事情に配慮して、対応国際規格に盛り込まれていないJIS B 9908:2011(現行規格)の規定(電気集じん器及び超高性能フィルタユニットの性能試験方法)を加えた6部の規格群として制定し、旧規格を廃止することとしました。
つきましては、会員諸氏のみならず多くの方にご参加賜り、日頃の業務のご参考にして頂きたく、多数のご参加を宜しくお願い申し上げます。

平成30年8月
公益社団法人日本空気清浄協会
会      長 藤井修二
事業委員 上野幸太
菅田大助

2.日時

平成30年11月8日(木)
受付:9時30分より 開講:10時

3.場所

連合会館 402会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL 03-3253-1771
*アクセスマップについては、こちらをご参照ください。

4.主催

(公社)日本空気清浄協会

5.参加費(税込)

会 員 非 会 員
 27,000円
(内消費税2,000円)
37,800円
(内消費税2,800円)

一名につき テキスト代を含む。
*11月1日までにお振り込みください。

6.定員

70名

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(03-3665-5593)、E-mail(jaca@jaca-1963.or.jp)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「JIS B 9908シンポジウム申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAX、申込種別(会員、非会員)を明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

・受付後、請求書を発行致します。
・ご入金は、銀行振込又は郵便振替にてお願いします。
・参加申込のキャンセルは、シンポジウム開催日前日までにご連絡ください。事前にご連絡なく無断欠席された場合は、テキスト送付に代えて参加費をいただきますので、どうぞご了承ください。

8.申込先

公益社団法人日本空気清浄協会
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-7-5 伊藤紅浜町ビル3階
TEL 03-3665-5591  FAX 03-3665-5593
E-mail jaca@jaca-1963.or.jp

9.プログラム(敬称略)

講師:大谷吉生(金沢大学) 時間:10:00~10:50
【講演題目】 新JIS B 9908制定の背景
1. 従来規格の変遷と相違点の比較
2. ISO/TC142/WG3の活動と規格の問題点
3. ISO16890と新JIS B9908の概要
【内容】
まず一般換気用フィルタの規格の各国の規格(ASHRAE52.2、EN779、JISB9908)の変遷と相違点を比較する。次にISO/TC142/WG3の活動と従来の規格の問題点について解説する。その結果発行された国際規格ISO16890を紹介し、新JIS B9908の制定の背景を概説する。
講師:奥山一博(進和テック㈱) 時間:10:50~11:50
【講演題目】 JIS B 9908-1「粒子状物質捕集率(ePMx)に基づく仕様、要件及び分類」の解説
1. 規格の概要
2. 粒子状物質捕集率(ePMx)に基づくクラス分類方法
3. 粒子状物質捕集率(ePMx)の計算方法
【内容】
この規格は、一般的な換気用エアフィルタユニットにおいて、粒子状物質(PM)をベースとしたフィルタユニットの捕集率クラス分類方法について規定する。また、試験方法、評価のための仕様、一般要求事項及び試験結果報告書の概略についても規定する。記号ePMxは、0.3μm~Xμmの光学直径をもつ粒子に対するフィルタユニットの捕集率を表す。
昼 食 休 憩
講師:田中広志(日本バイリーン㈱) 時間:13:00~14:00
【講演題目】 JIS B 9908-2「粒径別捕集効率及び圧力損失の測定方法」(案)の解説
1. 規格の概要
2. 2011年版及び対応国際規格(ISO 16890-2)との対比
3. 測定値の取扱い方法など難解な箇所の解説
【内容】
2016年に制定されたISO16890はPM基準によるフィルタ分類を行う。その為には、粒径別捕集率を従来の規格よりも多くの粒径区分で測定しなければならず、その測定方法や使用測定機器例などを解説する。
講師:加藤孝晴(㈱アクシー) 時間:14:00~14:30
【講演題目】 JIS B 9908-3「試験粉じん負荷に対する質量法捕集率及び圧力損失の試験」(案)の解説
1. 2011年版との対比
2. 対応国際規格(ISO 16890-4)との対比
【内容】
2016年に制定されたISO 16890の内容に基づき、現行の2011年版のJISとの対比、また、対応する国際規格(ISO 16890-3)からの変更点について説明する。
休 憩 10 分
講師:林 敏昭(東洋紡㈱) 時間:14:40~15:20
【講演題目】 JIS B 9908-4「換気用エアフィルタユニットの除電処理の試験方法」(案)の解説
1. 除電処理の試験方法
2. 対応国際規格(ISO 16890-4)との対比
【内容】
2016年に制定されたISO 16890の内容に基づき、新たに制定するJIS B 9908-4「換気用エアフィルタユニットの除電処理の試験方法」(案)について解説する。また、対応する国際規格(ISO 16890-4)からの変更点について説明する。
講師:山田 猛(日本ケンブリッジフィルター㈱) 時間:15:20~16:00
【講演題目】 ISOにおけるHEPA,ULPAの性能分類、試験方法とJISとの差異
【内容】
ISO 29463のHEPA,ULPAフィルタの性能分類及び試験方法と関連現行JISとの差異に関しての説明を行い、JIS改正に向けての問題点の整理を行う。
関連JIS ・JIS B 9908-6、・JIS B 9927 クリーンルーム用エアフィルタ性能試験方法、・JIS K 3801 除菌用HEPAフィルタの性能試験方法、・JIS Z 4812 放射性エアロゾル用高性能エアフィルタ
講師:大垣 豊(ISO/TC142/WG3エキスパート) 時間:16:00~16:40
【講演題目】 換気用エアフィルタの各国の捕集率と分類に関する比較
1. 各国の規格における捕集率の比較の基準と方法
2. 比較の結果
【内容】
各国の換気用フィルタの規格における捕集率の比較に関するJACA指針を解説する。ASHRAE52.2、EN779、ISO16890、JISB9908の各規格における捕集率による分類について比較の基準と方法を説明し、その結果を紹介する。
質疑応答 時間:16:40~17:00
内容全体の質問

 

このシンポジウムは、(公社)空気調和・衛生工学会及び(一社)建築設備技術者協会のCPDシステムのポイントの対象となります。

東京ガス 豊洲スマートエネルギーセンター 見学会

1.趣 旨

豊洲スマートエネルギーセンターは、高効率のガスエンジンコージェネレーションを中心に、ガス圧力差発電などの未利用エネルギーを最大限に活用し、豊洲埠頭地区の環境負荷低減に貢献しています。
また、停電時などの非常時にも熱・電気を継続供給することにより、エネルギー自立度の高いまちづくりに貢献しています。
見学を通して空気清浄協会会員の皆様には有意義な知見が得られるものと思われます。ぜひ奮ってご参加ください。

2.施設の概要

名 称:東京ガス 豊洲スマートエネルギーセンター
所在地:東京都江東区豊洲6-4-26
*アクセス方法につきましては、こちらをご参照ください。

3.日 時

平成30年11月1日(木) 15時30分~17時

4.集合場所

東京ガス 豊洲スマートエネルギーセンター
1階エントランス前

5.参加費

4,200円 (1名につき 消費税込)
申込書により請求書を発行致しますので、10月25日までに銀行振込・郵便振替にてお支払いいただき、振込票の控えもしくは支払通知書をFAXでお送り下さい。なお、参加申込の後に無断欠席された場合は参加費を戴きます。
(参加申込をキャンセルされる場合は、開催日前日までにご連絡をお願い致します。)

6.参加資格

正会員に限る。

7.申込方法

申込書をお持ちの方
必要事項ご記入後(公社)日本空気清浄協会までFax(FAX 03-3665-5593)または郵送にてお送りください。

申込書をお持ちでない方
お申込FAX用紙を印刷して内容ご記入の上お送りください。

E-mail
「豊洲スマートエネルギーセンター見学会申込」、氏名、会社名、所属、所在地、電話、FAXを明記の上、jaca@jaca-1963.or.jpまで送信ください。

申込フォーム
イベント申込フォームより、内容ご記入の上、送信ボタンを押してください。

8.人 数

定員23名(先着順)で締切らせて戴きます。

9.その他

写真撮影は基本的には可能ですが、説明員より申し出のある一部の場所ではご遠慮ください。

12